読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アマチュアコンサルティング的あれこれ

日常のあれこれ通してを薄く切り取る日記です。見てね!

相方が倒れて分かった育児の大変なポイント3つ!

子育て 家活

こんにちは。よぷぷです。

先週は相方が風邪をひいて大変でした。。

そして、皮肉にも相方がどれほどたくさんの家事と育児をこなしてくれているのか痛感することになりました。

改めて感謝ですね。

 

ということで、今回は大変だったことを振り返りたいと思います。

f:id:Yopi-w0w:20160724162331j:plain

全てのタスクが非同期に!

何と言ってもこれです。

時間がないのに、当ブログをご購読いただいている方、もうここまでで80%くらいは伝わったかと思います。

 

普段であれば、ご飯を作ってくれている間に子どものミルクをあげたり、洗濯してくれている間にオムツを替えたり、 と

Aをしている間にBを行う

この基本的な時短テクが全く使えなくなりました。

 

どうなったかと言いますと、全てのタスクを非同期的に進めるしかない。

 

えぇ、それらしく言いましたけれど、結局1つずつ終わらすしかないのです。

 

「え。。普通やん」

 

と思った方!普段してくれている相方の仕事っぷりを評価すべきです。

 

1つずつ終わらすと言っても、子どもから目を離すこともできません。

 

また、子どもが色々問題を起こします。し、寂しいのか、100%泣き出しましたし。笑

変な話、トイレも行けるタイミングに行くといった生理現象も計画をしていかなければできなくなります。

 

普段なら、子どもが泣き出しても相方があやしてくれるので、それこそ1つずつ終わらすことに集中できますが、そうもいかず、普段の倍の時間がかかっている始末。

 

想像できない方は、お仕事であれば、完全に終わっているときのマルチタスク状態です。

こう言えば、世紀末っぷりが伝わるでしょうか。笑

仕事も早く終わらすことに必死

 次は、これです。

早く終わらすことが手段ではなく、ゴールになりました。

 

結果、クオリティーは悲惨なものに。笑

 

今から振り返れば、踏み込んだ議論は避けるようになっていたと思います。

おかげさまで、今はそれなりに悲惨な状態に。笑

 

自分のチームは、うまく普段から情報共有できていたので問題なく進行しましたが、他のチームとの共有が死んでいました。

私「●●から、連絡あって確認したいんだけど、★の件って~

他チーム「どこに情報があるのか分からないので、戻ってから連絡します」

私「仕方がないですね。●時までに連絡はください。(一体普段どうやって仕事を進めとるんじゃープギャー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)」

 

こんなふうに時間がロスされていくので、段取りを組んでも時間は足りなくなっていきました。

 

最後のほうは、職場の方にも理解を得られたのですが、それでも大変でした。

 

特に今は例年にない業務がふってきているので、1秒でも時間がほしいときに早く帰らないといけないというのは、優先順位の設定を誤ってしまうと達成できないので、毎朝朝の電車で必死に段取りを作っていました。

 

とても有意義に段取りを決定することができたので、今後、このへんの段取りの仕方も詳しく記載していきます。

買い物もおざなりに。。

細かいことですが、買い物がおざなりになっていきました。

 

例えば、ゴミ袋が不足し、他の袋で代用する羽目になりました。

他にも食材が不足したり、薬がなかったり(病人を抱えているのに!?)。。

 

平日は、ほとんど相方が1人で行ってくれているので、本当に助かっていたんだな。。と痛感しました。

 

そして、ちょっと残業しただけでも、買い物に行くことができない事実を思い知ることになりました。

良いこともありましたよ!

ここまでを読むと、ただの駄目親父にしか思えてきませんが、良いこともありました!

 

最近は、飛行機マンが相方でしか寝てくれませんねしたが、流石に寝かせるタイミングも増えたので、寝かせるのがうまくなりました!!!

 

むしろ正しくは、うまく寝かせることができたのは、相方の風邪が治ってからだったのですが、風邪をひいている相方に抱っこをして(8kg)、寝かしつけるのが申し訳なかったので、頑張って取り組むようになりました。

 

そしたら、意外とできるようになりました!

 

結局、精神論でしかありませんが、気合で取り組めばどうにかなることもあるようです。

飛行機マン本人は寝にくい日々を過ごしていたかもしれませんが。そこはご愛嬌です。笑