読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アマチュアコンサルティング的あれこれ

日常のあれこれ通してを薄く切り取る日記です。見てね!

イタリアの労働実体!

こんにちわ。よぷぷです。

 

だいぶ久しぶりの更新になってしまいました。

 

週に1回更新したいと考えていましたが、今のところ月に1回のペースになっていますね。笑

 

さて、今回はイタリア人が家に来ました!

そんな珍しいことでもないようですが、人生でほぼイタリア人と接したことがなかったので、個人的には新鮮な体験になりました。

 

そもそもなんで来たのかというと、相方の友達(女性)がイタリア人男性と結婚されたため、日本に帰省をかねて旅行に来られてました。

その際に、私の家まで泊まりで遊びに来てくれたというわけです。

 

当日は、イタリア語は「チャオ!(こんにちは&さようならの意味です。便利!)」しか話せない状態だったので、つたない英語か友達を介しての通訳でしか話はできませんでした。

 

外国語の必要性ももちろんですが、今回はそれ以上にインパクトのある出来事がありました。

 

19:00帰宅なんてありえない!

まずは、これです。

私は、当日せっかく遊びに来てくれているので、18:00にピタリと仕事をやめて、まっすぐ帰りました。

 

帰宅時間は19:00前。

しばらくして、初めて会ったイタリア人に言われたのが、「なんでこんなに帰るのが遅いんだい?」

 

日本では、むしろ早いほうだと伝えると、イタリアではそんなに働く人いないよ、と。

 

彼の仕事は、メガネ店勤務のいわゆる店員さんをしているとのことでしたが、それでも10:00~16:00まで、休憩は1時間でした。

 

確かにその感覚だと、19:00帰宅なんてありえませんよね。

ちなみに、勤務日数は週6日だそうです。

休みは楽しむ!有給も取る!

今回の日本滞在期間は2週間だそうで、どう休んだのかを尋ねると、

バケーション1週間

育児休暇  1週間

有給     2日

で休みを取った。

 

ん?有給の2日て、何だろうと思って聞いてみると、「旅行の後疲れるから、2日休むんだよ!」という答えをもらいました。

 

日本だと、ショップ店員さんが2週間いないことは、なかなかない事態ですが、いたって普通のことのようでした。

どんな労働環境なのか一度確認しても良いのでは?

結局、ここに至るのですが、各国の文化がある中で、「日本で2週間の連続した休暇がもらえなんて、おかしい!」と言ってしまうのは、やや安易な気がします。

 

ただ、よく言われるとおり、日本では休みにくかったり、労働時間が長い傾向にあるのも事実で、まだまだ改善の余地はあるのではないかと考えられます。

 

せっかく新年度になったので、これを機に労働環境を確認したいな、と考えました。

 

そして、労働環境については、社労士で一般常識で問われるので、改めて確認しておきたいと考えています。